手マン・指マンのやり方|現役男優の潮吹きテク|セックステクニック

上手な手マン

AVやアダルト動画を見ていて男優さんに憧れるのは、手マンで潮を吹かせている時ではないでしょうか。健全な男性なら誰しも「あんな風に潮を吹かせたい」と思うことでしょう。
一見すれば目一杯にガシャガシャと激しくやっているに見えるため、激しく高速でやれば気持ちよくて潮を吹くのだろうと誤解される方が多いようです。
しかしこの「手マンは激しくやれば気持ちよい」は間違いです。 潮を吹かせている男優さんは力任せに激しく手マンしているのではなく、「効果的なポイントを丁寧に優しく高速に手マンしている」のです。
単に激しく高速で動かしてそれっぽくやっても女性は痛いだけです。 手マンが上手になりたければ、「どこ」を「どのように」刺激すれば良いかを知りましょう。

手マンで責める場所

女性器 まずは手マンで「どこ」を責めるかからですが、結論から言いますと膣内の性感帯であるGスポットを刺激します。
図の通りGスポットには手前・奥・下の3ヶ所があります。奥のGスポットはポルチオ性感帯とも呼ばれる女性が特に感じやすい性感帯です。
この3ヶ所のGスポットの中でも手前と奥のGスポットは重要ですので、しっかりと場所を把握しておきましょう。
手前のGスポットは膣の入口のすぐ上にあります。触るとザラザラしてますのですぐ分かるでしょう。
それに対して奥のGスポット(ポルチオ性感帯)は、一度イカせるなりして快感を与えないと指の届きづらい場所にあります。
ポルチオ性感帯の場所は子宮の入り口付近なのですが、快感を与えないと子宮が遠く離れているためです。詳細な理由については中イキさせるのGスポットとポルチオ性感帯をご覧ください。
膣の奥の方に指を入れていくと少しへこんでツルツルとした部分があります。この少し先に突起物のようなコリコリした感触の部分があります。この上部がポルチオ性感帯です。
もし分からなければ最初は相手女性と確認し合うとよいでしょう。相手に聞くのは何も恥ずかしいことではありません。ここを間違えると成功しようがありませんので、しっかりと把握しましょう。

手マンの責め方

手マンの体勢 Gスポット、ポルチオ性感帯を把握したら次は手マンのやり方です。女性に一度でも痛がられたらそれで終わりです。最低限の準備として爪を切りヤスリがけをして、手マンをしても爪が当たらないように手入れしましょう。また、できれば乾きにくいローションを用意し利用するようにしましょう。
実際に手マンをする前にはクンニなどの前戯で相手のアソコをしっかりと濡らします。
最も手マンしやすい体勢は右図のような体勢です。女性には足を開いて座ってもらい後ろにもたれてもらいましょう。

それでは実際に手マンの責め方です。
指をローション等でしっかりと濡らし挿入したら、膣の上部を指のお腹でコスるように優しく刺激します。
相手女性が慣れていれば最初から指を2本(中指+薬指か人差し指+中指)入れても問題ありませんが、女性が痛がる素振りを見せる場合は中指のみで膣の上部を刺激しましょう。中指のみで開始した場合、ある程度刺激し指が2本入ったら、そこから更に指2本の状態で膣の上部を優しく刺激します。
指2本に慣れてきたら中指・薬指(または人差し指・中指)ともに曲げ、手前のGスポットに指の腹をあてた状態で指の形を固定します。手の平が上を向いている状態です。
そして早く動かすことなく、ゆっくりとGスポットを刺激します。動きとしては、出し入れのピストン的な上下の動きではなく、入れたままの前後の動きです。
キスをしたりしながらゆっくりで問題ありません。
次第に相手が感じているのに合わせてスピードを早めていきます。スピードは早めても中は激しくしてはいけません。あくまでやさしく早く動かすだけです.
これだけでも女性によってはイってしまうでしょう。

さらに手マンで潮を吹かせたいのであれば、ここからが本番です。
奥のポルチオ性感帯に指をあて手前のGスポットまでを掻くように刺激します。この動きを連続して行うでポルチオ性感帯と手前のGスポットの双方を刺激するのです。
※指の爪が少しでも伸びていると女性は痛いだけですので、くれぐれも爪の手入れはしっかりやりましょう。
最初の内は優しく・丁寧にゆっくりと、徐々に優しく・丁寧に・素早く指を動かします。早さだけを求めて雑にならないように十分注意しましょう。
女性の潮吹きには個人差もありますが、的確なポイントを刺激できていればこれで潮も吹かせることが可能です。
例え潮を吹かなかったとしても、その後でご自身のペニスを挿入することで女性は更なる快感を得ることでしょう

加藤鷹さんが手マンをとても分かりやすく解説している動画です。是非参考にしましょう。
TOPに戻る